GPSウォッチを使用する価値について

みなさんこんにちは!走ってますか?

ランニングを始めたばかりの方も、これから記録にチャレンジしようとされている方もご自身の練習内容を練習日誌に記録しておられる方は多いのではないでしょうか?

私自身大学の駅伝部時代からずっと練習日誌を付けていますが、

競技で行き詰った時、練習日誌が後々ヒントになることは意外と多いです

しかし練習日誌には自分の距離や設定は記録できても、実際の練習時の細かなデータまでは測定・記録することは出来ません。では、詳細な練習データを取得するためにはどうすればいいか?

そこで今回おススメするのはGPSウオッチです。

皆さんの中でもGPSウオッチの購入を検討された方は多いかと思います。

ただ、このGSPウオッチって購入してどんなメリットがあるのか分からない方は多いのではないかと思います。

私も使い始めるまで最初はどんな機能があるのかやどんなモデルがあるのかなど全く知りませんでした。

そこで本記事ではGPSウオッチを使用する価値やメリットについて紹介したいと思います。

価格も決して安くはないので、購入するかどうか考える機会になればと思います。



効率よくトレーニングするには「トレーニング負荷」を知ることが大切

同じペースでランニングするのであっても走力は人によって様々です。

同じペースで入っていてもある人にはマラソンのペースであったり、ある人にとってはインターバル的なペースだったりするわけです。

インターバルにせよ、ペース走にせよ、距離走にせよ、効率よく体に負荷を入れるのであれば自分にとって「適切な心拍数」を見極めて練習する必要があります。

それを把握するためにGPSウォッチは大変活躍します。

練習を数値化できる

GPSウォッチがあれば、練習後にその日の練習データを細かく振り返ることが出来ます。

通常と同じ負荷なのに心拍数が高いのであればその日のコンディションがよくないということなので次の日からの練習を工夫することもできますし、

逆にいつもより負荷がきついのに心拍が落ち着いている場合は力がついていることを把握することができます。

練習時の心拍数が分かる

また練習後に振り替えるだけでなく、練習時中にもリアルタイムで心拍データを確認することが出来ます。

これは特にトレイルランのレースや、フルマラソン以上の距離を走るレースにおける自己マネジメントに非常に必要な機能となります。

例えばある日にLT値を向上させたかったために、最大心拍数の95%程度の負荷で40分間走る練習をしたかったとします。

練習をするときで最もいけないのが練習を外してしまうということです。

つまりこの日の練習ではLT値を向上させる練習をしたかったのに、「予定よりも高い心拍で走ってしまって結局10分間で練習を中断してしまった」などです。

より効率的な練習をするのであれば、ペースに縛られすぎるのではなく、

思い切ってペースを調整して心拍数でコントロールすることも重要です。

現在のペースが分かる

トラックで毎回練習が出来ればいいのですが、そう都合よく近くにトラックがあるわけではありません。

ロードで同じように正確なペースを知りたいのであればGPSウォッチが必要になります。

ひと昔前のGPSウォッチだと精度がちょっと微妙なものもありましたが、現在は衛星の「みちびき」を拾うことができるGPSウォッチが主流になっており、誤差はほぼゼロに等しい商品が多くなっています。



現在の走行距離が分かる

またこの機能はトレイルランなどの距離表示が少ないレースにおいても非常に重宝します。

距離がわかることで高度計と併用して

「あと何キロ先に○○mの登りがあるから今はちゃんと補給食を食べておこう」

など戦略を練ることができるわけです。

逆に心拍の感覚も自分で分かってきて、距離表示も細かく表示してくれるフルマラソンの場合は必要ないかもしれません。

高度や獲得標高がリアルタイムで分かる

走っている最中に自分が何m登ってきたかなどの情報をリアルタイムで確認することが出来ます。

実際にGPSウォッチを使用するまでは、そんな機能果たして必要なのか?と思っていましたが、トレイルランニングのレースでペース配分を考慮するにあたって非常に重要な要素となることが分かりました。

トレイルランって

「あと何メートル登るんだ。。。」

ってとき多いですよね。それが把握できるのであれば助かりますよね。

偽ピークに心折られるトレイルランナー達

ルートナビ機能で知らない山でも迷わず攻略できる

その他の便利機能として「ルートナビ」という機能が付いているモデルもあります。

例えば知らない街に引っ越してきたとしましょう。最初はその街の近くの山に出かけようと思っても情報が全くないわけす。

そうなると地図で元座地を確認しながら徐々に開拓していく必要がありますが、ルートナビ機能があればその必要はありません。

だれかがログを取っている場所であれば、

GPSウォッチにその情報を取り込むことで自動的に案内してくれる

という便利な機能なのです。

以下の記事は私が茨城の「笠間トレイル」でルートナビ機能を使った時の記事です。

SUUNTOのナビゲーション機能で初めての山も安心!

スマートフォンを持たなくても十分なデータが測定できる

GPSウォッチを使っていなかったころは、スマホをトレラン中も開いて位置を確認しながら走っていましたが、それだと足を止めなくてはなりません。

しかしGPSウォッチを使用した場合はウォッチに表示されたルートを辿るだけでいいので、ランニング中にストレスを感じることもありません。

また同時に様々なデータも全てGPSウォッチで取ることができるので非常に便利です。

機能だけでなくデザインもカッコいいので、ランニングライフに導入してみては如何でしょうか!?

↓以下の記事でオススメのGPSウオッチをつに絞って紹介しております!

初心者でも操作簡単!ランナー・トレイルランナーにオススメのGPSウォッチ5選

↓更新の励みになりますのでクリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)