【永遠の定番!】OAKLEY(オークリー)のRADAR ROCK PATH(レーダーロックパス)について解説!レンズやカスタム、ランニングでの使用感は?

RADAR ROCK PATH

今回はOAKLEY(オークリー)のサングラス、RADAR ROCK PATH(レーダーロックパス)について解説していきます。

今や様々なスポーツの定番となったこのモデルですが、先日カスタムして来たので、レビューしてみようと思います。

・OAKLEYのRADAR ROCK PATHについて知りたい

・OAKLEYのサングラスの購入を検討している

・OAKLEYの他のサングラスとRADAR ROCK PATHの違いを知りたい

といった方にお役立ち頂けるかと思います。

以下記事で解説していきます。




RADAR ROCK PATH(レーダーロックパス)の外観について

最初にRADAR ROCK PATH(レーダーロックパス)の外観についてです。

RADAR ROCK PATH

今回はRADAR ROCK PATHを約8年ぶりに購入したのですが、以前よりも今回のレンズの方がよりシャープになっていました。

そこで、

・RADAR ROCK PATHとMFLAMEの比較

・RADAR ROCK PATHとSUTROの比較

で比較してみようと思います。

RADAR ROCK PATHの外観①MFLAMEとの比較

最初にRADAR ROCK PATHとMFLAMEとの比較です。

MFLAMEもかなりシャープでカッコイイサングラスですが、圧倒的にRADAR ROCK PATHの方が軽量です。持った段階でかなり軽いと感じるほどです。

RADAR ROCK PATH

レンズを取り外してみると分かるのですが、この軽さはフレームに由来するものです。

なので上下動の多いスポーツについてはRADAR ROCK PATHは軽量であるがゆえに向いていると感じます。

見た目の存在感としてはRADARの方があるのですが、マラソンやトラック競技など身体の上下動が激しいスポーツに関してはその軽さから圧倒的にRADARの方が向いているでしょう。

RADAR ROCK PATHの外観②SUTROとの比較

次にRADARとSUTROとの比較です。

SUTROはKATOと近い時期に発売されたOAKLEYの新しいモデルSUTROは、レンズが極めて大きいモデルです。

この外観でありながら、その軽さとサングラスの揺れの少なさには驚かされます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

mtrokko(@mtrokko)がシェアした投稿

そんなSUTROとRADAR ROCK PATHを比較すると以下の様な感じです。

RADAR ROCK PATH

同じランニングで使えるサングラスでありながらも、これだけ見た目の性格の違うサングラスは珍しいです。

両方とも側頭部でサングラスを固定する仕組みは変わりませんが、ゴムがついている分RADAR ROCK PATHの方が安定感は感じます。

ここはやはり長い間マラソンランナーに愛されてきたモデルだけありますね。

正直なところレース本番ではどちらのサングラスを使うか迷うほどですが、気分に分けて使いたいところです。

SUTROのレビュー記事については以下で解説していますので参考にしてみてください。

【存在感とカッコよさ】OAKLEY(オークリー)の「SUTRO Lite」レビュー!レンズ交換や使用感は?

RADAR ROCK PATH(レーダーロックパス)を使った感覚

次にRADAR ROCK PATHを使った感覚です。

・着用してもズレが少ない

・軽い

・路面が見えやすい

以下で解説していきます。

感想①着用してもズレが少ない

様々な地形で走る私ですが、RADAR ROCK PATHを使用した感覚として、ズレが少ないということです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

mtrokko(@mtrokko)がシェアした投稿

身体の上下動とサングラスの揺れはサングラス自体の軽さが最も影響していると感じます。

MFLAMEの時は若干揺れが気になったのですが、RADAR ROCK PATHやSUTROなど軽いサングラスを着用するようになってからはかなり揺れは気にならなくなりました。

先日かすみがうらマラソンでRADAR ROCK PATHを装着して走ったのですが、終始ストレスなく走り切ることが出来ました。

感想②軽い

RADAR ROCK PATHを使った感覚として、軽いということです。

サングラスに重量感があると、長時間着用しているうちに何度かずり下がってきます。

それを指で何度か戻す作業は非常にストレスです。

RADAR ROCK PATHはその点非常に軽量ですので、使用していてストレスがありません。

また、サングラスが軽いということは揺れにくさにも繋がります。とにかくサングラスの一体感を求める人にはかなりオススメのサングラスだと言えるのです。

感想③路面が見やすい

RADAR ROCK PATHを使った感覚として、次に路面が見えやすいということです。

ロードでもオフロードでも路面の視認性は高い方が安全です。

特にトライアスロンを行っていた頃はランニングだけでなくバイク練習もあったので、路面の細かな亀裂などは事故に繋がりがちです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

mtrokko(@mtrokko)がシェアした投稿

特に陽射しが強く眩しい日に関しては光の乱反射により路面の視認性が落ちます。

そんな時に役立つのがOAKLEYの偏光レンズです。

路面を見えづらくする光の乱反射を抑えてくれるので、非常に見えやすいのです。

また、トレイルランニングでも変更レンズはその効果を発揮します。

木漏れ日などで路面が見えづらい時に木の根に足を取られて捻挫する人は多いかと思います。

トレイルランニングをされている方は陽射しの強い日の影の濃淡が如何に路面を見えづらくするかはよく分かるかと思います。

RADAR ROCK PATH

そんな時にOAKLEYの偏光レンズがあれば足下をはっきり見ることができるのです。

変更レンズはRADAR ROCK PATHだけに限ったものではないので、ぜひ試してみてください。

RADAR ROCK PATH(レーダーロックパス)の価格

次にRADAR ROCK PATHの価格についてです。

価格はちょっと高めで、¥33000です。とはいえそうしょっちゅう新調するものでもないのでコスパとしては悪くないと思います。

練習のたびに着用しますしね。

レンズなどにこだわると価格はこれ以上になっていきますが、レースで重要なのは自分のテンションが上がることです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

mtrokko(@mtrokko)がシェアした投稿

また、サングラスをかけることで目への負担は大幅に減ります。この先もアクティブにスポーツを続けたいのであれば陽射しの強い日にサングラスをかけることはかなりおすすめです。




RADAR ROCK PATH(レーダーロックパス)のカスタムについて

次にRADAR ROCK PATHのカスタムについてです。

RADAR ROCK PATH

これまでは既製品のRADARを購入していましたが、せっかくなので自分オリジナルのモデルが欲しいと思い、RADAR ROCK PATHをカスタムして購入しました。

結果的にとても気に入っています。

フレームの色からレンズのカラー、オークリーロゴの色まで自分で選択できるのです。

カスタムの流れについては以下のショート動画で解説しております。

@mountain_sports_labo いいねで保存!教えたい友達にシェアしてね!#サングラス #オークリー #oakley #ランニング #マラソン #running #trailrunning #bike #mountaingear #トレイルランニング #radarrock #radar #radarrockpath ♬ Build It Way Up No Lead-JP – Bold Eagle

まとめ

今回はRADAR ROCK PATHについて私が行ったカスタムについて解説させて頂きました。

既製品もかっこいいラインナップはありますが、自分だけのカッコイイオークリーサングラスが欲しい!という方にはオススメですので是非試してみてくださいね。

いつもありがとうございます!更新の励みになりますのでクリックお願いします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトについて

コーヒーと登山、写真好き人間による個人ブログです。

マウンテンスポーツや身体作りに取り組む中で気が付いたことを発信しています。

旅や温泉も好きなので、よかった場所は記事にしています。

コメント、執筆依頼なども承っておりますのでお気軽にメッセージ下さい。

MOUTAIN SPORTS LABO - にほんブログ村