ラレー(RALEIGH)のクロスバイク RFF Radford-Fattyを購入!魅力や乗り心地、デザインなど徹底レビュー!

クロスバイク

過去にトライアスロン競技に熱中していた頃は頻繁にロードバイクにのっていたのですが、いざ競技から離れると全くと言っていいほど自転車に乗らなくなってしまいました。

このままだと運動不足にもなるので、思い切ってママチャリでも購入しようかなと思いましたが、ママチャリだと日常使用にはちょど良くてもいざ遠出しようとした場合にはちょっと厳しい。

そこで機動力もありながら乗り心地も良いクロスバイクを購入することにしました。

今回購入したのはラレー(RALEIGH)のRFF Radford-Fattyというクロスバイクです。以下記事でその魅力と購入した理由について解説して行きます。




ラレー(RALEIGH)とはどんなメーカーなのか?

ラレー(RALEIGH)はラッドフォードシリーズを軸に様々な車種を揃えており、日本のクロスバイク市場でも強い人気を集めています。

ラレー(RALEIGH)は、1870年代にイギリスの実業家であるフランク・ボーデンが体調を崩した際に体力回復の為に自転車を始めたのがきっかけでした。1887年イギリス・ノッティンガムのラレーストリートでラレーブランドを立ち上げ、世界3大ブランドの1つとなるまでに成長させます。

世界的な自転車の祭典であるツールドフランスや、オリンピックで表彰台を飾ったことで有名ですがそれだけではありません。プレスラクや内装変速システムを開発するといった自転車の標準規格をつくるなど、自転車業界に大きく貢献したメーカーでもあります。

クロスバイク



ラレー(RALEIGH)のクロスバイク、RFF Radford-Fattyを購入した理由

次に、ラレー(RALEIGH)のRFF Radford-Fattyを購入した理由についてです。

クロスバイクもスポーツ色の強いモデルから、クラシックなモデルまで実に様々なラインナップがあり、購入するに当たってかなり悩みました。ロードバイクは既に持っており、今回購入するクロスバイクに求めるのはスピードよりも快適性と街中をスイスイ走れる機動力でした。

ロードレーサーで思い切りスポーティーなモデルを持っているので、クロスバイクは思い切ってクラシックなクロスバイクにしようと思ったのです。

以下の写真で私が持っているバイクが写真上側のスポーツバイクです。トライアスロン競技を行っていた頃に乗っていたバイクなので、スポーツ色が強く競技向きであることが分かります。

一方、下バイクが今回購入したラレー(RALEIGH)のRFF Radford-Fattyですが、非常にクラシックで落ち着いたモデルであることが分かります。これなら街中でも乗っていてしっくりきます。

クロスバイク
上:スポーティーなバイク 下:クラシックなバイク

クロスバイクのデザインを調べるにつれて、クラシックなデザインのクロスバイクにもラインナップがかなりあることが分かりました。どのメーカーのクロスバイクもかなりカッコいいデザインを出していたのでかなり迷ったのですが、最終的にRALEIGHとFUJIで正直かなり悩みました。

このRFF Radford-Fattyを購入した理由は、

・デザイン的にどんな服装にも合わせやすい

・スポーツ色が強すぎない絶妙なデザイン

・タイヤが太くオフロードもいける

・ディスクブレーキによる確実な制動力

ここが大きかったです。以下でその魅力について解説していきます。

ラレー(Raleigh)のRFF Radford-Fattyはどんな服装にも合わせやすい

ラレー(RALEIGH)のRFF Radford-Fattyの特徴として、どんな服装にも合わせやすいという特徴があります。クロモリ独特のクラシックな光沢と落ち着いたデザインが特徴で、クロスバイクならではの機動力も持ち合わせています。私服はもちろんこと、スーツやジャケットパンツスタイルにも合わせやすいので通勤にも十分対応できます。

このクロスバイクであればカフェや飲食店に駐めてあってもなんだかオシャレですよね!クロモリの光沢とオリーブの色と茶色のサドルがなんとも言えないシブさを演出してくれています。

クロスバイク

クロスバイク



ラレー(Raleigh)のRFF Radford-Fattyはスポーツ色が強すぎない絶妙なデザイン

ラレー(RALEIGH)のRFF Radford-Fattyの特徴として、スポーツ色が強すぎないというポイントがあります。

RALEIGHにはRFF Radford-Fattyの他にも様々なカッコいいラインナップがあってかなり迷いましたが、最終的に購入の決め手となったのは、クロモリフレームの光沢とイギリスらしいデザインが何ともシブかったからです。

ガッツリ競技する様なスポーツ色が少ないのに、乗り心地はかなりスポーティーです。

クロスバイク

クロスバイクもスポーティーなバイクですが、あまりスポーツテイストを出したくなかったので、これを選んで正解かなと感じました。

ラレー(Raleigh)のRFF Radford-Fattyはオフロードも走れるくらいタイヤが太い

ラレー(RALEIGH)のRFF Radford-Fattyの最大の特徴として、この40Cの太いタイヤが挙げられます。FUJIのクロスバイクと最後まで悩んで、結果的にラレー(RALEIGH)にしたのはタイヤの太さでした。

このタイヤの太さは乗っている時の快適性に大きく影響します。ロードなどの細いタイヤは28Cを採用していますが、それ以上に快適性を重視したいのであれば太めの35C以上のタイヤを装着したクロスバイクを選択すると良いでしょう。

クロスバイク

タイヤが細いとちょっとした段差や溝などに終始気を配らなくてはなりませんが、これだけタイヤが太ければ全く気にする必要はありません。段差や溝だけでなく、ちょっとしたオフロードも快適に乗ることが出来るのでかなりオススメです。

今までずっとロードレーサーにばかり乗っていた人にとってはこの乗り心地の良さはまさに感動ものと言えます。

ラレー(Raleigh)のRFF Radford-Fattyはディスクブレーキ搭載

ラレー(RALEIGH)のRFF Radford-Fattyは、ブレーキにディスクブレーキを搭載しています。最近のクロスバイクはディスクを採用しているモデルも多く、ショップでもかなり見かけました。

ディスクブレーキの利点は、これまで主流だったVブレーキと比較して、雨の日でも制動力が高く、確実に止まるということです。

クロスバイク クロスバイク

少し重量は出てしまいますが、クロスバイクにそこまで軽さを求めることは少ないと思うので、ディスクブレーキのモデルもかなりオススメです。



ラレー(RALEIGH)のRFF Radford-Fattyで早速長距離ライド!八王子~茨城県まで自走!

ラレー(RALEIGH)のRFF Radford-Fattyを購入したその日に、八王子から自宅の茨城まで自走して帰ることになりました。欲しいクロスバイクが決まり、取り扱っている店舗を探したところ、自分に合うサイズは八王子のショップにしかないという衝撃の事実が明らかになったからです。

2020年モデルは近くの店舗は既に完売しており、2021年モデルが日本に入ってくるのはなんと3月!さすがにそんなには待てないので、八王子のショップに足を運んで購入しました。

ショップ名は「レジャーハウスミヤザキ」さん

欲しかったクロスバイクがラックの上の方にあったのですが、わざわざ試乗までさせてくださり、とても親切に対応してくれました。

無事購入した後は、商品を自宅まで運ばなくてはなりません。

八王子から茨城なんて楽勝だろ!50㎞くらいでしょう!と完全にナメてかかっていましたが、スター時にGoogle大先生で調べると90㎞以上あることが判明してかなり退きました。

ロードならそこまででもない距離ですが、クロスバイクにはちょっと厳しい距離で、箸でウナギをつかむようなものです。

以下が激闘の記録です。

クロスバイク

八王子からは横田基地や入間を通って北上していくコースを取りましたが、ものすごい勢いで景色が田舎になっていくのを肌で感じることが出来ました。やはり自転車っていいものです。

なんとか自宅まで帰ってきましたが、4時間以上かかってしまいました。

これからちょっとした移動はこのクロスバイクを活用しようと思います!

これからクロスバイクを始めようとされている方はこちらの記事もご参照ください。↓

【失敗したくない人向け】オススメのクロスバイクをタイプ別に紹介!

いつもありがとうございます!更新の励みになりますので、クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ トレイルランニングへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)