SUUNTO9レビュー(各種マニュアルも掲載)

SUUNTO9を購入して山を遊びまわっておりますが、結果的に購入して良かったと感じています。

ただ、GPSウォッチを購入する前って意外と情報が少なく、実際の使用感はトレイルに長時間はいってみないと分からないですよね。

そこで、実際に様々なフィールドやレースで私自身がSUUNTO9を使用した際の感想を書いてみようと思います。

SUUNTOとは?

初めて「Ambit3vertical」を購入し、そのスタイリッシュなデザインのファンになってからはSUUNTOを愛用しております。

このSUUNTOは、オリエンテーリングのトップ選手であったトーマス・ヴォホロネンが溶液充填コンパスの画期的な生産方法を発明したことがきっかけでスタートした企業です。

当時選手たちが使用していた乾式コンパスの動きが不安定だったことが開発のきっかけだったそうです。

陸上競技からトレイルランにシフトした私からすると、コンパスと言えば自分の中では「SILVA」のイメージが大分強かったのですがSUUNTOはその名前の由来(「方向」という意味のフィンランド語)からも冒険家達の必須アイテムだったわけですね。

SUUNTO9の機能について

SUUNTOユーザー歴が長いワタクシですが、毎回モデルが新しくなるにつれてほしかった機能が改善されています。

特に以下の機能についてはかなりよくなっているので解説したいと思います。

SUUNTO9以前のウォッチの欠点

SUNNTO9からは改善されましたが、大きな弱点としては

パフォーマンスモードだとバッテリーが長時間持たない

ということでしょう。

SUUNTO9以前のラインナップだと正直なところ正確なトラッキングをするには「パフォーマンスモード」の選択肢しかありませんでした。

いちおう、「エンデュランスモード」や「ウルトラモード」という機能もあるのですが、これだと距離もペースも正確さに欠けるのでレースでは、

大会の距離表示だけが頼りだ。。

という事態が度々発生していました。。大きなレースでしたら1㎞ごとに距離表示があったりしますが、そんなに細かく距離表示を打ってくれるレースは大会運営上殆どありません。

SUUNTO9から画期的な機能が組み込まれた!

しかし!SUUNTO9からはこれらの

  • エンデュランスモード
  • ウルトラモード

であっても、

高いパフォーマンスを発揮してくれるのです!

これによりトラッキングの正確さとバッテリーの問題が解決します!

↓ちなみにそれぞれのモードのバッテリー時間も長くなっています。

 パフォーマンスモード(96%の充電率で23時間)

 エンデュランスモード(96%の充電率で37時間)

 ウルトラモード(96%の充電率で134時間)

 

トラッキングの正確さとバッテリーの問題を解決したのは以下の2ポイントです。

FusedTrack機能

SUUNTO9以前のGPSウォッチは、ウルトラモード(最もバッテリーが長く持つが、トラッキング機能が低くなる)にした場合60秒に1回ログを取るために、距離やペースの精度が低く

ウルトラ等では使えない!

というのが欠点でした。しかしこの機能があれば、ウルトラモードであってもウォッチに高い信頼度を持って走ることができます。

仕組みはGPSと加速度センサー機能の合わせ技によりウルトラモードでウォッチを起動させても距離とトラッキングの記録精度を向上させているというわけです。

長時間(120時間)のバッテリー寿命と制度を両立さることに成功したというわけです。

スマートリマインダー機能

ウルトラレースなどで長時間ウォッチを起動させなくてはならない時にも安心できるシステムです。

これまでは最も感度の良いパフォーマンスモードで起動させて、レースに出場したけれどもバッテリー切れで途中までしかログが取れていないなどの問題がありました。

しかし、スマートリマインダー機能によりその心配がなくなりました。

つまり、スタート時にパフォーマンスモードで起動させてワークアウトをスタートさせて途中でパフォーマンスモードでの記録が難しいとなった場合に、エンデュランスモードやウルトラモードなどへの

モード変更を自動で提案してくれるのです。

SUUNTO9はこの機能が初めて搭載されたモデルなのです。

つまり!ウルトラなどの長ーいレースに出場する際にも、最初にパフォーマンスモードで出走して、途中でバッテリーモードの変更をスマートリマインダー機能に提案されたらエンデュランスモードやウルトラモードに変更(しかもウルトラモードもけっこう正確!)すればいいわけです。

SUUNTO社のPDCAは素晴らしい。。

 

みちびきに対応

現在は殆ど全てのGPSウォッチが対応しておりますが、GPSの精度を測る指標として最もいわれるのが「みちびき」対応なのか否かということです。

結局のところGPSの精度が正確でないと、正確な距離もペースも把握することはできないので、GPSウォッチを購入するにあたってはここが非常に重要な要素となります。

みちびきはGPSとの互換性を持っているシステムであり、GPSと同じように衛星からの電波によって位置情報を計算することで、位置情報を正確に割り出してくれます。

「みちびき」は、GPSに対して”補完”と”補強”の2つの重要な役割を持っています。

従来のGPSとみちびきを組み合わせることによって、今まで誤差数メートル単位だった位置測定の精度が「数センチ」にまで正確になる特徴を持っており、必死こいて走る我々にとっては非常にうれしい話です。

バッテリー能力が向上

これまではAmbit3Verticalを愛用しておりましたが、1レース走るとバッテリーが限界切れしてしまう状態でした。(10時間近く走るレースは使用するかどうか迷うところでした。)

しかし、上記の「SUUNTO9のすんごいところ」でも述べた様にSUUNTO9は最も測定が正確な「パフォーマンスモード」でもかなりの時間を測定できます。

モードによってはウルトラトレイルも問題なく走り切れる時間を連続して使用することもできますし、このウォッチの素晴らしいところはバッテリーモードを自動で調節してくれるのです。

この機能があれば「レースの途中でバッテリーがなくなって後々STRAVAでデータを振り返れなくなった。。」という悲しい事態はなくなることになります。

光学式心拍計を採用

実際に使用してみた時のデータを記事にしてみました。

  • トレッドミル
  • トレイルラン
  • ロードラン

のパターンでデータを測定したものをSTRAVAで参照しております。

また、光学心拍計の機能についても解説しています。↓↓

トレイルランには「光学式心拍計」「胸ベルト式心拍計」どちらがおすすめ??

 

ナビゲート機能を搭載(この時はナビゲート機能で笠間トレイルを走りました)

過去に笠間トレイルでナビゲート機能で走った時の記事です。

この時は転勤で住んだことのない街に来たばかりだったので、まったく笠間山のコースはわかりせんでしたが、何のストレスもなく走り切れました。

ルートナビを使用した時の記事はこちら↓

SUUNTOのナビゲーション機能で初めての山も安心!

基本的な使用方法

これはSUUNTO9以前のモデルでもあった機能ではありますが、いろんな点が改良されているので、参考にしてみてください。

起動してジョギング

起動してジョギングをした時の記事です↓

SUNNTO9操作方法①起動してJOGする

 

起動してトレッドミル

トレッドミルで使用してみた時の記事です↓

主に心拍計としての利用価値が大きいですね。

光学心拍計がついたことで心拍データが常に取れるので、自身のLT値がどれだけ改善されているのかを確認することが出来ます。

この記事は、ペース走を多く入れていた時期があったのですが、SUUNTO9の光学心拍計のお陰で、LT値の向上が数字で分かる様になった時の記事です。↓↓

【まとめ】トレッドミルでのペース走を定期的に入れた時の変化についてまとめてみました!

この記事はSUUNTO9をつけてトレッドミルでのトレーニングと、トレイルランニングの相関についてデータを取ったものです。↓↓

トレイルランの練習にトレッドミルは有効なのか??

今はデータで自分の練習を振り返れるので非常に便利ですし、効率的です。

起動してトレイルランニング

トレイルランで使用してみた時の記事です↓

光学心拍計がついて心拍が計測できるので練習のPDCAが効率よく回せます。

笠間トレイルを走ってきました(単独練習)

 

スタイリッシュな中にも重厚感のあるデザイン!

文字盤のフチにステンレススチール製ベゼルが施されているので、スポーツウォッチでもいわゆる「部活感」が出ないのがいいです。

私は「ホワイト」を購入して愛用しておりますが、アクティブな時のコーデにも、少し落ち着いた時のコーデにも両方使えます。

下記の写真は真夏の格好なのでちょっとアレですが、「ホワイト」でも重厚感のある感じが出ると思います。

ちなみにこの「TRAIL WARRIORS(Trail and Co)」のTシャツは知人がデザインを手がけたもので非常に気に入っております。特に袖に記載されている「Trail and Co」のロゴもアクセントになって非常にカッコいいです。

もし興味がありましたら下記のHPもチェックしてみてくださいね。

Trail and coオフィシャルサイト

これはオフ用のウエアですがレース用のラインナップもあり、自分は気合を要する練習とレースは専らこれです。 汗だくになってもすぐに乾燥しますしレース着としての機能も申し分ないです。

ご参考にして頂ければ幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)