SUUNTOのナビゲーション機能で初めての山も安心!

5年前にトレイルランニングという競技と出会い、自宅の裏にある六甲山によく走りに行っていました。

六甲山を走っていた頃はいわばホームルートも確立されており、2時間の山頂往復コースや宝塚往復4時間コースなど自分の体調に合わせてうまく練習できていたのですが、、

しかしある日転勤で北関東に住むことになってしまい、練習環境としてまず練習できる山を開拓しなくてはなりませんでした。

そこで出会ったのがSUUNTOのナビゲーション機能というものです。

非常に便利ですので本記事で紹介しようと思います。

SUUNTOのナビゲーション機能

「SUUNTO9」というハイカラなアイテムを入手したものの、その機能を使いこなせていない私でしたが、 今回そんな私にモッテコイな「ナビゲーションという機能を使ってみることにしました。

これまでのトレイル練習では既に知っているコースを使って走っていたので「トレーニング」の機能しか使用したことがなく、「ナビゲート機能」は全く使用したことが無かったのです。

この機能を簡単に説明すると

行ったことのない山も案内してくれる

という画期的な機能なのです。

この機能さえあれば

「一度地図でルートを確認して、しっかり走るのは道を覚えてからにしようっと。。」

という手間を踏まなくてもよくなりますし、登山の途中で地図を出したりスマホで自分の現在地を確認したりする必要もなくなるのです。

全てのルート情報はウォッチにあるので、そこだけに集中すればいいのです。

六甲山でのほろ苦い経験


先ほど

「六甲山のホームルートは確立してあるゼ!」

と豪語しましたが、トレイルランニングを始めた初期は地図やスマホ片手にルート開拓する日が何日か続きました笑

最初は「里山だから問題ないっす!」と思い込み、入ったことのない六甲山でいきなりトレイルランなんてしちゃったものですから当然迷ったわけです。

迷いまくっているうちに陽も落ちて暗くなり、コケまくって傷だらけになって下山してきたという苦い記憶があります。

しかも何度かこけているうちに知らぬ間に動物のフンにDIVEしていた様で、帰宅後に自分の身体をみるとHOKAHOKAのフンが付着していることに気が付き、慌てて手もみ洗いしたほろ苦い記憶があります。

新しい土地や、行ったことのない山を最初からストレスなく走れればなぁ。。という気持ちがこの頃からありました。

ナビゲーション機能を使って初めての山に行ってみた

全く土地勘のない茨城県に引っ越してきたということもあり、自宅から比較的近い「笠間トレイル」でナビゲーション機能を使ってみました。

この笠間トレイルは難大山や愛宕山などが連なるパンチのある縦走コースです。

まずルートのデータをウォッチに入れる必要があります。

具体的にはSUUNTOのMovescountにあるルートデータを使用する形になります。

なので、何らかのレースが開催されたり、よくトレイルランナーがコースとして使用する場所はログが取られていることが多いです。

今回は笠間トレイルのデータを取り込む形になります。

ルートデータの取り込み

早速笠間トレイルのデータを取り込みます。

↓自分でルートを取り込む場合は以下の手順でアプリにルートを入れてウォッチに同期させましょう。

 
もしくは既にルートがある場合もあります。大会などが開催されればいろんな人がそのルートを通ることになるので、レースコースのデータを取ることができるんです。

 

データ取り込み完了!

今回は「笠間トレイル」のコースデータを取得してみました。

コースはウォッチに入りましたが、水場等の情報はわかりません。

初めての山に入るわけですから、ここは慎重に行きたいところ、、最初は何があっても大丈夫なように色々と持っていきます。

実際にナビゲート機能を使って、笠間トレイルを走ってみました

それにしても暑い。。。まだセミが鳴いているじゃないか。。。

灼熱の愛宕山登山口
水も食料も多めに持って準備完了!

コースから外れてもすぐに分かる

初めての山とは思えないほど安心して走れます!

これが地図を元に「えーと、、今はこの辺りだからハンカチとティッシュを持って。。あそこはイノシシがいたから戻りたくないから。。いや関係ないか。。なんだか居場所がよく分からなくなってきたぞ。。」

とかだったらルートが正しいのかどうかに気を取られて練習に集中できないところですが、

全てのコース情報がウォッチにその表示されるのでそのストレスが一切ありません。

リアルタイムで高低図が表示される


しかもこれから通るコースの高低差も一目瞭然なので、どのタイミングで「おお、、マジか。。」という登りがあと何キロで来るかも一目瞭然です。

こんな感じで、いつがパンチの効いたの急登や下りが来るか事前にわかります。

欠点はワークアウトデータが同時に取れないということ

欠点としては、ルートナビ起動中はワークアウト-データが取れないということです。
SUUNTOの時計を使用している人のほとんどはSTRAVAと連携してライバルや過去の自分のデータと比較している方が多いかと思うのですが、このルートナビ起動中だけオアズケプレイを喰らうことになります。

最初にそれがよくわかっていなかった私はナビゲーション中も練習データが取れていると思い、あとでムフフフしようと思っていたのですが、残念な結果に終わりました。
せっかく山でいい練習ができたのに、その内容を確認できないのはちょっと残念ですよね。。

なので、私はSUUNTO9を左腕につけてワークアウトデータを取り、ルートナビを起動した「Ambit3Vertical」を右手に付けて走っています笑

こんな方におすすめ!

  • 登山は好きだけど毎回スマホを取り出してルートの確認をするのが煩わしい
  • 行ったことのない新しい山に出かけてストレスなくハイキングを楽しみたい!

という方にはかなりおススメです!

また、ウルトラライトハイクなどでシビアな時間管理で目的地まで確実にたどり着きたいという方にもおすすめです。

今回使用したのはSUUNTO9

今回例として紹介したのはSUUNTO9です。

このウォッチに限らず様々なラインナップでナビゲート機能が内蔵されているので、予算に合わせて選びたいところです。

私の場合長時間のレースも考慮してウォッチを選択しているので通常SUUNTO9を使用していますが、10時間弱の山行であれば少し安価なモデルもあります。

画面の表示やバッテリー容量や光学心拍計の有無などでも差はありますが、通常の登山・ランニング・トレイルランニングであればSUUNTO Ambit3Verticalもかなりオススメです。

2年間ほど使用していましたがデザインもかっこよくてかなり気に入っています。

SUUNTO9

 

 

Ambit3Vertical

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)