話題の厚底シューズ HOKAの「Carbon X」レビュー

NIKE Vaporflyに代表されるカーボン入りの強反発厚底シューズがランニングシューズ業界を席巻しておりますが、同じ様にカーボンを入れたブラッシュアップ品も出ております。

今回紹介するHOKAONEONEの「CarbonX」は、100㎞の世界記録チャレンジ専用に開発されたシューズ、そうこの展開

Vaporの時と似ています

Vaporがマラソンで、CarbonXは100㎞、、てことはより長い距離を走ることについて考え抜かれたシューズなのではないかと勝手に思うわけです。

そんなこんなで一度は品切れ状態となっていたこのCarbonXが比較的国内に入ってきているという情報をCIA経由で入手した私は早速購入することに成功したのです。

 

本記事は以下の方を対象に書きました

  • HOKAONEONEってここ最近よく聞くけどシューズはどんな特徴があるの?
  • CarbonXとVaportって同じカーボン入りの厚底シューズだけど履き心地はどう違うの?

この辺りの疑問にお答えしようと思います。

なぜなら私自身がここが気になって仕方なかったからです

でもこの手のシューズって1回くらい30㎞走等の長い距離をある程度のペースで走らないとどんな特徴を持つシューズなのかわからないですよね。

でも30㎞や1回レースで使わせてもらえる機会も普通はないですし。。

と考えると実際に購入して使った人の話を聞いたりするほか(HOKA)ないわけです。

なので書いてみました。

かつてはサブ2.5で走っていた私ですが、年齢を重ねついにシューズの力に頼る時が来てしまっているのです涙

 

HOKAONEONEとは??

HOKAONEONEの歴史

HOKAONEONEの歴史はジャン・リュック・ディアード氏の「ランナーの脚への負担を少なくし、効率よく山を駆け下りるためのツールを開発しよう」という思いからスタートしました。

それまでここまでソールの厚いシューズは当時は見たことが無く、HOKAONEONEのシューズにはアシックスの「スカイセンサージャパン」の更にクッションを強化した様な印象を持っていました。

日本でHOKAONEONEのシューズが脚光を浴びたのは、日本山岳耐久レースのチャンピオンが履いていたことからであり、最初はだれもがどの奇抜なシューズの形状に捻挫の懸念や走りやすさについて疑問を抱いていたようですが(私もそうでした)、今やトレイルランでもロードでもおなじみのシューズとして浸透してきています。

実際に山を走ると、思った以上にミッドソールの厚さは気にならず蹴りだしもかなりスムーズでした。また、厚底であるが上に林道で足底部に痛みが出るようなこともありません。

私が初めてHOKAのシューズを履いたのは、比叡山インターナショナルトレイルラン(50mile)でした。

その時は「Challenger ATR2」を履いたのですが、ランニング後の疲労が少なく、100㎞近い距離であるにも関わらず6位入賞を果たせたのにはびっくりしました。。あれは奇跡に違いない。

 

「CarbonX」が100㎞の世界記録チャレンジで使われた

2019年5月にアメリカはカリフォルニア州で、100㎞の世界記録チャレンジである「 Project Carbon X(プロジェクト カーボンエックス)」 が開催されました。

出場したのは8選手で、このレースで日本の山内英昭選手が6時間19分55秒で優勝し、アメリカのジム・ウォームズレー選手が50mileの世界記録を打ち立てて、このシューズのウルトラに対する期待が高まりました。

 

100㎞を6時間19分って、、、

このニュースを見て、これは間違いなくマラソンやウルトラで人気になるシューズだと確信し、市場を探し回ったのですが、既に品切れとなっていました。。。涙

 

2回に渡るロードの30㎞走でVaporflyと比較してみた

高反発でありながらVapor以上の安定感!

「NIKE Vaporfly4%Flyknit」も非常に良いシューズであり、私自身すっかりヘビーユーザーです(壊れるほど)。30㎞走などの比較的長い距離を走ると特に感じますが、クッションやフォアフット時のシューズのしなりが着地の衝撃を大幅に軽減してくれます。

大体30㎞~50㎞のロード練習を通常のシューズで走ると膝が痛くなるのですが、このシューズだと着地さえうまくコントロールすれば痛みが大幅に軽減されます。

しかしながら気になっていたのが着地時や蹴り出し時に感じる左右のグラつき感でした。

何と言いますか、、極端な表現をするとテニスボールを足底部に取り付けて、そのバネで走っている様な感覚で、まっすぐに蹴りださないとカーボンの力が推進力にならないようなイメージです。

このCarbonXは、 Vaporfly4%Flyknit の弱点を見事にカバーしたシューズと言えます。

理由はHOKAの「車輪が転がるように走る」ことにこだわる低ドロップにありました。

低ドロップの形状が生み出す着地から蹴りだしの安定感!

カーボンからの反発は Vaporfly4%Flyknit の場合、シューズのドロップ差から、比較的足の前の方で着地しないとカーボンからの反発を貰えないのが弱点です。

しかしCarbonXの場合はシューズのドロップ差が少ないため、どこから足を着いてもVaporfly4%Flyknitに似たような反発がもらえるのです。

Vaporflyの2作目である「Vaporfly Next」はドロップ差が低くなり、よりCarbonXに近い形状となったのは、ユーザーから同じような声が多かったのでしょう。

 

よって、30~50㎞走等の練習で後半疲労してきて足の着地が疎かになっても推進力を貰うことができるわけです。

本日は練習はこのくらいにしてランナーの聖地と密かに尊ばれる「渡良瀬遊水地」を後にしました。

そして日を改めて次の日、2日目の30㎞走の時、つまり「私自身の身体がいつも以上にポンコツになった時」に改めてシューズのレポをしてみようと考えたわけです。

こういう時にシューズの真価が問われるからです。

この2回目の30㎞走の時に感じたのは、反発の強さに関しては正直なところVaporfly4%Flyknitに軍配が上がるということでした。

↓2回目の実験に挑む炎の実験台

低ドロップの為、疲労していてもしっかり身体を前に運んでくれる感覚はあるが、バネはあまり感じず、Carbon系のシューズとしてもVaporfly4%Flyknitとは性格が違うと感じました。

なので、Vaporfly4%Flyknitと同じ感覚のバネを期待される方はあまり購入をお勧めしません。

「俺はソーティーマジックのバネよりより、ソーティージャパンで足全面で押していくオトコなんだ!」という方に推奨したい逸品です。

 

ただ、長い距離を走ることに特化したシューズであることには間違いないので、このシューズが持つ特性としっかりマッチするランナーにはVaporfly4%Flyknit以上の武器となることは間違いないです。

 

トラックでの練習や、足の回転が速い動きには合わない

このシューズを購入してから、「30㎞走」、「12000mペース走」、「ロードでのインターバル」を行ってみましたが、感じたことは長距離のロードに特化したシューズだということです。

トラックでペース走をした時は、タータンの柔らかい競技場ではカーボンの反発が弱くなる様な印象を受けました。これがシューズのクッションとトラックの相性なのか、カーボンとトラックの相性なのかわ分かりませんが、

ロードで走った時の感動が最も大きく感じました。

次にインターバルなどの比較的足の回転が速い状態で行う練習に関しては、反発がうまく追い付かないような感覚でした。変なところで反発するので、逆にブレーキになるような感覚さえありました。

 

こんな用途におすすめ!

やはり何といってもこのシューズはフルマラソンやウルトラマラソンに使うべきだと思います。

2月の別府大分毎日マラソンに早速使ってみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)