地獄の春先レース「新城ダブル」にエントリーしました!

俺という人間は、、またしても地獄への扉をノックしてしまった。。

因縁のレース、新城ダブルにエントリーしてしまったのです。

「新城ダブル」とは?

実はこのレース、トレイルランには珍しく「出場基準タイム」があります。

そんなに厳しい基準ではないのですが、確かに乾燥するには難しいレースであることは間違いありません。

このコースは1周32㎞のコースを2周するレースなのですが、この「ダブル」という種目ができた経緯がすごくて、

トップ選手が間違えて2周してしまった

という超人的な理由なのです。

32㎞走るにもかなりタフなコースなので、もう変態としか思えないですね、、いや尊敬。。

出たくても出られなかった因縁のレース

2017年に出場タイムをクリアしておきながら、ずっとスケジュール上諦めざるを得なかったレースです。

2016年に4時間ジャストくらいで何とか完走したものの、

  • 2018年→腸脛靭帯炎が治らずにDND
  • 2019年→転勤で新城ダブル翌日が着任日

という具合で、かなり嫌われています。

OSJ名物の「パワーバーフラッグ」を見る度に新城ダブルを思い出すくらいです笑

ひとまずポチることに成功!

エントリーが始まったので、早速ポチりましたが、またしても地獄への扉を開いてしまった感でいっぱいです。。

きっとスタートラインで後悔することでしょう。

というわけで、今年こそ出場したいと思い、密かに闘志を燃やす小生です。

関東と関西の中間に位置付けられた場所なので、

「トレイル業界の桶狭間」

と呼ばれるのは非常に有名ですが、3月末に熱い戦いが繰り広げられることは間違いなさそうです。

ガクブル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)